2017/07/31

利賀演劇人コンクール2017結果

利賀演劇人コンクール2017、終了しました。
O land Theater『サロメ』の受賞はなりませんでしたが、
講評会では審査員の方々から貴重なご意見をいただくことができました。
結果を受け止め、今後も精進してまいります。
コンクール事務局のみなさま、上演を観に来られたみなさま、
そして何より、演劇の時空が折り重なった〈利賀〉という特別な場所に感謝いたします。
ありがとうございました。






2017/03/26

上演審査結果

昨日、3団体の上演のあと公開審査会があり、残念ながら賞を逃しました。
応援してくださった皆様ありがとうございます。また、この企画を主催された
福岡市文化芸術振興財団の方々にもお礼を申し上げます。
さまざまな人に支えられた『春独丸』の旅でした。
今後ともO land Theaterをどうぞよろしくお願いいたします。



                今回のコンペメンバー

2017/03/25

2日目

昨日はお越しいただいたみなさまありがとうございました。
本日は1時から上演、その後公開審査があります。
5名の審査員の間にどんな意見が飛び交うのか?

すでに役者の何名かは楽屋に入って準備中。
コンペでしか見られない3本だての『春独丸』
どうぞお楽しみに。


2017/03/24

初日

おとといから博多に来ています。
仕込みも無事終わり 、今日は午後からゲネプロ、19時から上演です。
『春独丸』40分間、走りきります。どうぞお楽しみに。


2017/03/15

博多入り一週間前となりました。
毎回、通し稽古をしては返しの反復。
アップする女役の楠さんと、もぐもぐする春独丸役の藤原さん。
あと1人、隠れています。何役のひとかは、お楽しみ。



20170315

2017/02/18

創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう」vol.6 上演審査




2017年第一弾、O land Theaterは福岡へ参ります。

福岡市文化芸術振興財団(FFAC)が主催する舞台演出家コンペティション。書類審査、プレゼン審査を通過した若き演出家3名が、最終審査である上演審査へと挑みます。
3月25日には、3作品の上演ののち舞台上で審査員による公開審査会を実施し、最優秀作品賞が決定します(同時に観客投票による、観客賞も実施)。課題戯曲は、川村毅が能の謡曲『弱法師』から立ち上げた『春独丸』。盲人と再編集される人間の記憶を巡る物語は、多くの予感と余白に満ちた秀作です。そんな演出によって変容する戯曲の醍醐味を味わいながら、みずみずしい才能の競演にご期待ください。

http://www.ffac.or.jp/news/detail162.html